納得のいく結婚式場の選び方やコツとは?チェックポイントを一挙紹介!

写真を見てひと目惚れする会場もあるけど、雰囲気が素敵なだけでは二人の「こうしたい」が叶う会場かどうかわからない。そこで、結婚式場を見学に行った際に必ずチェックすべきポイントを紹介。

自分たちの結婚式場を選ぶ際の参考にしてみてくださいね♪

Sponsored Link

会場外観・内観!

ゲストの様々な状況を想定してチェックしたいのが、会場までのアクセスや外観の第一印象、内部の快適な動線。思い出いっぱいの写真を残すための撮影スポットも要チェック。

会場の雰囲気にうっとりするだけでなく心地よく過ごせる場所か確認を忘れずに!

会場の第一印象も大事だけれど、雰囲気だけで決めてしまわないよう注意。初めてでも迷わずスムーズにたどり着けるか、会場内で移動しやすいかなど、ゲストが快適に参加できるかどうかも考えよう。

point①

会場までの道のり、見つけやすさは?

ゲストが迷わず快適に到着できることは大事。最寄り駅から会場までのアクセスは便利か、道のりは歩きやすいか、会場を見つけやすい周辺環境かチェック。

point②

移動のしやすさ、分かりやすさは?

会場内の移動のしやすさは、特に高齢のゲスト、車椅子を使うゲストがいる場合はとっても重要。エレベーターが使えるか、迷わず移動できるかも確かめて。

point③

いい写真が撮れる撮影スポットは?

二人やゲストとの絵になる写真をたくさん残したいなら、会場内の素敵な撮影スポットがあるかどうかもチェック。会場見学時、実際に撮影してみてもいいかも。

挙式会場!

ふたりが永遠の愛を誓う神聖な空間。素敵な雰囲気に圧倒されてひと目惚れしがちだけど、会場によってできること・できないことの違いも大きいところなので、隅々までチェックして。

招待したゲストがゆったり快適に二人の誓いを見守れるかの確認を!

チャペルでも神殿でも、挙式会場は二人の誓いをゲストに見守ってもらう大事な場所。ゆったりと見守れるスペースがあるか、快適に過ごせる開放感があるかなどもチェックしておこう。

雰囲気だけでなく、やりたいことが叶うかを確認!

例えばボリュームのあるドレスは狭いバージンロードと不釣り合いな印象になることも。バージンロードの長さや幅はドレスに合うか、やりたい演出が叶う会場かどうかの確認も忘れずに。

point①

何人くらい入れる?ゆったり座れる?

招待したゲストがゆったりと快適に過ごせるかどうかが大事。最大収容人数よりも、ゲストがゆったりと腰掛けられる推奨人数は何人か、会場に聞いてみよう。

point②

天井の形や高さによる違いは?

ゆったり快適に過ごせる挙式会場かどうかは、実際の広さだけでなく、見た目の開放感によっても左右される。ただ、天井の形や高さによっても変わるので注意。

point③

二人はゲストからどのように見える?

挙式会場の入り口から祭壇までを進む神聖なシーンは、挙式中のハイライト。ゲストの席からはどんなふうに見えているのか、実際に座ってチェックしてみよう。

point④

バージンロードの長さや幅はどうか?

ゲストの注目が集まるバージンロード。トレーンの長さやボリュームのあるドレスを着たいなら、バージンロードの長さや幅も影響するので確かめてみよう!

point⑤

どんな演出が可能か?

挙式後のフラワーシャワーやブーケゲストなど、どんな演出が可能かチェック。また、屋外の演出は、悪天候時にどのような対応に変わるのか確認しておこう。

point⑥

挙式中は希望に合う演奏が可能?

オルガンの演奏や聖歌隊の歌、神前式での雅楽など、挙式中での演奏は写真ではチェックできないポイント。ブライダルフェアの模擬挙式などで確認を。

Sponsored Link

披露宴会場!

当日ゲストと二人が最も長い時間を過ごす披露宴会場。楽しく快適に過ごせるかどうかによって印象が変わるし、写真にも残るので、ゲスト目線であちこちからチェック。

広さや開放感、音響など希望のスタイルが可能な会場か確認!

例えば、余興でダンスをしたいのに狭くてできない、などということも。ゲストとの会話を楽しみたい、やりたい余興があるなど、希望のスタイルが可能な会場か確認を。

ゲストが披露宴の時間を楽しく、ゆったりと過ごせるかも要チェック!

ゲストには披露宴を楽しんでもらい、ゆったりと過ごしてもらいたいもの。そのためには、ゲストの席から演出がどのように見えるか、椅子の座り心地や隣との間隔などもチェックしたい。

新郎新婦の姿や楽しい余興がどこからでも見やすいか確認!

楽しい余興も見えにくい席があったりしたら残念。ゲストのみんなに花嫁姿を見てもらえて、二人からも余興や映像を楽しむゲストの顔が見えるかは大事。いろんな席からチェックして。

point①

音響や照明、映像の設備は十分?

入場時のBGMや照明演出、映像演出に使う設備をチェック。自然光の入る会場では、映像演出時などに会場を暗くできるか、すべての席から見えるか確認を。

point②

テーブルの間はゆったりと歩ける?

テーブル間に余裕があるかチェック。ボリュームのあるドレスでも歩きやすそうか、ゲスト同士が椅子を引いた時にぶつかったりしないかなどを確かめて。

point③

披露宴会場の広さや開放感は十分ある?

開放的な空間か、余興のスペースがあるかを確認。収容人数より、何人掛けのテーブルが何卓置けるかを考えておくと、後で席次を考えながらイメージできる。

point④

会場のどこにいても披露宴を楽しめるか?

ゲストのみんなが余興や映像などを楽しめるかチェック。あちこちに移動して会場を確認。見えにくい場所があったらテーブル配置で解決できないか相談を。

point⑤

椅子の座り心地は?隣との間に余裕は?

長時間座ってもらう椅子の座り心地もチェック。また、何人掛けのセッティングかも確かめた上で、隣の人と肘がぶつからないかどうかチェックして。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ