結婚式のお礼・交通費の金額の相場や渡す方法!タイミングはいつ頃がベスト?

結婚式のお礼やお返しはマナーを守ってしっかり対応するのが基本。これに加えて、何かしらの特別感をプラスすることで、ゲストの印象はさらにアップするはず。

ただ、お礼やお返しはタイミングを間違うだけでも失礼になってしまうので、事前に段取りを確認し、漏れがないようにしておきましょう。

Sponsored Link

①誰に何を渡すのかリストを作成する!

主賓や乾杯の発生をしてくれる人、受付などお礼を渡さなくてはならない人、交通費や宿泊費を渡す人などを漏れなくピックアップ。リストを作り、金額や品物、渡すタイミングなどしっかり記しておこう。

お礼・交通費の相場とタイミング!

お礼は多過ぎても少な過ぎてもぎくしゃくしてしまうもの。ふさわしい金額をふさわしいタイミングで渡すよう心がけましょう。

【主賓】

  • 金額の相場:お車代として謝礼を渡す。金額は1万円以上が相場。ハイヤーなどを手配するなら不要。
  • タイミング:受付時に受付係から渡してもらうか、受付後に親や家族から渡してもらうようにする。

【受付をお願いした人】

  • 金額の相場:基本的には3000円〜5000円をご祝儀袋に入れて渡す。同額の品物を贈ってもよい。
  • タイミング:受付開始前に「よろしくお願いします」の気持ちを込めて、親や家族から渡してもらう。

【スピーチをお願いした人】

  • 金額の相場:基本的には必要ないが、状況に応じて3000円程度のお金やギフトを渡すといい。
  • タイミング:結婚式のお開き時に自分、または親や家族から渡す。式後に渡す場合は1ヶ月以内に。

【乾杯の発生をお願いした人】

  • 金額の相場:主賓と同様。ご祝儀袋の表書きには「御車代」に。ハイヤーなどを手配する場合は必要なし。
  • タイミング:主賓への対応と同じ。受付時に受付係から、あるいは受付後に親や家族から渡してもらう。

【余興をお願いした人】

  • 金額の相場:スピーチ同様、基本的には必要ないが、状況に応じて3000円程度のお金かギフトを渡す。
  • タイミング:お開き後に二人から感謝の気持ちを言葉とともに渡す。結婚式後に改めて場をもうけてもよい。

【手作りをお願いした人】

  • 金額の相場:材料費を払うのはマスト。手間などを考えお礼の気持ちをプラスしよう。相場は5000円〜。
  • タイミング:アイテムを受け取った時に渡すのがベスト。結婚式後に改めて場をもうけてもよし。

【撮影をお願いした人】

  • 金額の相場:すべてを通して撮影してもらうなら3万円。補助的な撮影なら1万円程度。ご祝儀は辞退。
  • タイミング:お開き後に親から渡してもらうか、データを受け取る時などに二人から渡してもよし。

【遠方からのゲスト】

  • 金額の相場:すべてを負担するのが望ましいが、難しい場合は半額程度。交通費のみの負担などとしてもよし。
  • タイミング:事前に渡しておくのがベストだが、難しい場合は当日に受付から渡してもらう。

【二次会幹事】

  • 金額の相場:お願いした作業量により5000円〜1万円、もしくは同程度の品物を渡す。会費は辞退する。
  • タイミング:二次会終了後に二人から感謝の気持ちを伝えて渡すのが理想。後日ならなるべく早めにしよう。

【ゲスト以外でお祝いしてくれた人】

  • 金額の相場:頂いた金額(品物)からだいたい3分の1の金額で、相手が喜ぶ品物をお返しする。
  • タイミング:お祝いを頂いたら取り急ぎ電話などでお礼を。品物を送るのは結婚式後1ヶ月以内に。

Sponsored Link

②新札とご祝儀袋を用意!

金額に見合うご祝儀袋やぽち袋を用意する。お金は新札が望ましいので、事前に銀行で用意して、ご祝儀袋やぽち袋にお金を収めておこう。また、ぽち袋のお札は多めに用意しておくと何かと役立つ時があります。

ご祝儀袋の使い分け!

ご祝儀袋は金額に見合った体裁のものを用意。表書きも間違えずに書きましょう。

【結び切りの水引の祝儀袋】

【のしが印刷された祝儀袋】

【ぽち袋】

金額が1万円以下ならのしが印刷された祝儀袋やぽち袋でもオッケー。1万円以上の場合は、結び切りの水引のかかったご祝儀袋を用意。

③親や受付の人に渡して貰えるようにしておく!

お礼などを結婚式当日に二人から渡すのは難しいと思うので、あらかじめ親や家族、受付の人に頼んでおいて当該の人に渡して貰うようにする。

渡す人の顔写真も渡しておくと、渡し間違えを未然に防ぐことができます。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ