結婚式のベストな座席配置&正しい肩書きとは?マナー違反に要注意!

ゲストに楽しく心地よい時間を過ごしてもらうために重要なのが席次。でも席次を決めるのはなかなか大変な作業です。

マナーを押さえつつも、どうしたらみんなが気持ちよく過ごせるのか考えて、席次を決めるように心がけましょう。また、親戚のテーブルは親にも相談しよく確認してもらうのを忘れずに。

Sponsored Link

①ゲストをグループ分けして配置を考える!

仕事関係者、友人、親戚などにグループ分けし、会場から貰ったテーブル席次表に割り振っていく。1卓のイスの数をどの程度なら増減できるか、事前に聞いておきましょう。

席次の基本的は考え方!

画像出典元:http://www.for-wedding.jp

新郎席に一番近い席が上座。入り口に近い席が下座となります。招待制の披露宴の場合は、基本的に仕事関係者が上座、家族は下座となる。またテーブル配置は会場によっても異なるので注意が必要です。

  • 1番の位置に主賓が座る。仕事関係者は役職や社歴に沿って上座から配置。
  • 同じグループはできるだけ同じテーブルに。1人だけ仲間外れにならないように。
  • 子供連れや高齢者は「お足元を考えて」と説明し入り口近くの席にするといい。

Sponsored Link

②席次表に記載する肩書を確認する!

席次が決まったら、ゲストリストと照らし合わせて漏れている人がいないか確認し、肩書と名前を正確に記入していく。肩書は社名と役職を記すのが基本だが、最近では省略するケースも多くなってきています。

主な肩書一覧!

肩書は二人との関係が分かるように書く。おじ、おばは関係によって感じが異なるので注意が必要です。

【親族】

  • 親の兄・姉……伯父・伯母
  • 親の弟・妹……叔父・叔母
  • 新郎新婦より年上のいとこ……従兄・従姉
  • 新郎新婦より年下のいとこ……従弟・従妹
  • 兄弟姉妹の配偶者……義兄・義弟・義姉・義妹
  • 兄弟姉妹の子ども……甥・姪
  • はとこなど縁遠い縁者……親戚
  • ※「様」を付ける親族……同居していない祖父母、結婚した姉妹など性が異なる親族。

【仕事関係】

  • 会社社長……勤務先名 代表取締役・勤務先名 取締役社長
  • 上司……勤務先名 役職(役職のない場合は上司)
  • 先輩……会社先輩
  • 同僚……同僚(会社後輩でも可)
  • 退職した上司や先輩、同僚……元上司、元会社先輩、元同僚
  • 複数の肩書がある人……二人と一番関係が近いもの、または最上級の肩書

【友人】

  • 全般……友人(頭に大学、高校、中学などを入れても可)
  • 学校などの先輩後輩……先輩、後輩(同上)
  • 習い事やサークルの友人……友人(頭に団体名を入れても可)

【その他】

  • 上司や先輩、同僚、友人などの配偶者……◯◯様令夫人、◯◯様御夫君
  • 友人などの子……◯◯様お子様、またはご子息、ご令嬢
  • 恩師……恩師(大学、高校名を入れても可)
  • 習い事の先生……◯◯流師範など正式な名称
  • 近親の人……父母知人、または知人

③親に確認してもらい、席次表を依頼!

席次表が出来上がったら親にも確認してもらいましょう。間違いは許されないので、改めて漏れている人がいるかどうか、肩書と名前に間違いがないか、入念に確認した上で印刷にまわします。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ